上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.23 Cogito Ergo Sum
Cogito Ergo Sum(我思う故に我あり)

Sephirothさんのブログで、この言葉について書かれていました。

デカルトの哲学の第一原理だそうで。
この世で確実に存在していると証明できるものは、「考えている自分自身」である。
てな意味らしいです・3・

この言葉、誰もが一度くらいは聞いた事があるってくらい、有名な言葉ですよね~。

今まで深く考えたことはありませんが、今聞いてみて 自分もそう考えたことがあるな~ (=゜ρ゜=)と思いました。


今自分が見ている世界、それが全てであり、確かなものは自分自身のみ。他の人が全て、自分と同じような視点で存在しているのか・・・ 相手の顔は目視できますが、自分の顔は見えません。鏡に映っているのも本当に自分・・・?

ゲームと現実がゴッチャになるという話を、リネの教科書(ぁ などで書かれていることがありますが・・・

こう考えていくと 結構、似ている部分あるのかな・・・?

例えば、自分が死んでしまったら、その後の世界なんて滅亡しようがどうなろうが、関係ないわけで・・・ 自分自身がこの世の全て。
自分以外の全ての物がなくなってしまっても、自分が生きている限りずっと世界は続いていきます・・・。

自分の身の回りにあるものは、全て「そこに在ってそこに無い物」なのでは・・・・? 


「アレ? ジャア、ナンデ生キテルノ?」


なんて思いにふけったら、気がおかしくなりそうなので、いまはポーっと生きてますがヽ( ´ー`)ノ


自分の今までの行き方を振り返ってみると、死んでないだけで生きてない感じが(・_・;
そして、「薄情者」であるかもしれません。

そのときそのときで、友達はいますが・・・ 10年来の親友と呼べるような人はいません。

もちろん、相手を気遣いますし、酷い事を言われれば悲しく、物事に感動して泣いた事もあります。

でも、どこか自分自身の事を第三者的に見ている感じがして・・・ 気持ちがフワフワしているというか・・・ 

丁度今みたいに、何も考えず日々同じことを繰り返している時に、考えてしまうことがありますね。





うーん・・ 疲れてるのかな=w=;;;

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
​ ​